超吸収アガリクス茸(協和発酵)の効果、副作用と発がん性

スポンサード リンク

アガリクス茸の効果・副作用

アガリクスとは、ブラジル原産のキノコの一種で、日本では「カワリハラタケ」「ヒメマツタケ」と呼ばれています。
「アガリクス茸」と呼ばれることもありますが和名ではアガリクス茸というキノコは存在しません。
正式な学名は、「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」です。
霊芝やサルノコシカケなど他のキノコと同じβグルカンの成分を含み、免疫機能に作用します。

 

自然免疫を活性化させ、癌の予防、抑制が期待できるといわれています。

 

また、アガリクスは多量のたんぱく質と、マグネシウム、ビタミンなどの成分があり、アガリクスの効能は幅広く発見されています。
主なアガリクスの効能には、抗がん作用、高血圧の低下、コレステロールの低下などさまざま認められています。

 

心臓病や糖尿病、リウマチ、気管支炎、喘息、アレルギーなど多くの病気や症状に効果があるようです。

 

それらの病中病後や、虚弱やアレルギーなどの体質改善、健康維持など色々な目的で愛用されています。

 

アガリクスは医薬品として認可はされていません。

 

薬品ではないので副作用はあまりないのですが、個人の体質などにより作用が強く出すぎるなどがあるようです。

 

病気に治療中の人は、医師に相談して飲んだ方がいいでしょう。

 

健康補助食品として実に多くのメーカーが、アガリクスの関連商品を販売しています。
「協和発酵」、「株式会社アムリタ」が販売する「超吸収アガリクス」が知られています。

 

「アガリクス・ブラゼイ協議会」はアガリクスの品質基準の制定をする協会で、公正な取引と正しいアガリクスの知識の普及を行っています。

 

スポンサード リンク