超低分子フコダイン療法の副作用と効能

スポンサード リンク

超低分子フコダイン療法の副作用・効能

フコダイン療法とは、フコダインを用いて、癌(がん)に対しての治療を行うものです。

 

 

 

「フコダイン」だと思われている方が多いのですが、正しくは「フコイダン」"fucoidan"と呼びます。ややこしいですが、正しい名前を覚えておきましょう。

 

最近では「治療効果・効能がある」「副作用が抑えられる」ということで脚光を浴びており、
各社からサプリメントなどでも販売されています。

 

超低分子フコダイン(フコイダン)は、海藻類(たとえば、昆布、ワカメ、モズクのような)
褐藻類とよばれる粘質物に数多く含まれる硫酸多糖のひとつです。

 

「癌に対して有効である」という声もありますし、宝酒造、DHCも参入し、化粧品にも使われるほどです。実際の病院では臨床がはじまっているところもあります。

 

タヒボ、アガリクス、メシマコブといった代替療法もよく聞かれますが、
現段階においては、フコイダンを使われている、選択されている方も多いでしょう。

 

ただし、代替療法のすべてにいえることなのですが、過信は禁物です。
健康食品や代替療法だけで著しい効果を得られた、というケースは
パーセンテージにすると決して高いものではないことも知っておいて下さい。

 

ただし、自己免疫力を高めたり、がん細胞、悪性の腫瘍に対しての
アポトーシス効果(アトポーシス効果)が認められたり、ということも実際にあります。

 

よく、「それはプラシーボ効果だ」という方もいらっしゃいますが、必ずしもプラシーボ効果
だけとは限らないのが現状です。実際に良い方向に向かわれる方もたくさんいらっしゃいますから。

 

人によっては、抗がん剤や放射線治療をきっぱりとやめて代替療法だけにかける方もいますが、病院の治療と並行しながら、代替療法をおこなう、という選択も可能ですし、現にそうやっている方々も増えているようです。

 

「がんの転移は”分単位”で進んでいる」
実態を考えると一刻の猶予もなく、フコイダンなどの代替療法を行うのであれば早めであるに越したことはありません。

スポンサード リンク