低分子シーフコイダン療法の癌への効果・口コミと飲み方・価格

スポンサード リンク

低分子シーフコイダン療法の効果

シーフコイダンとは、もずくやワカメ、コンブなどの海草類の成分「フコダイン」を特に多く含むエキスのことです。
また、高濃度のフコダインが含有しているトンガ王国産のもずくエキスを指すこともあります。

 

フコダインは海藻類独特のぬるぬるする成分で、硫酸化多糖類の一つで、粘着性の多糖類が分子レベルで結合しています。

 

また、フコイダンを摂取しやすく加工した低分子シーフコイダンが一般的です。

 

フコダインは、コレステロールの低下、血糖値の正常化、肝臓機能の改善、抗がん作用、抗アレルギー作用の効能があります。
近年は、シーフコイダンの抗がん作用が注目されています。
自然免疫のNK細胞やT細胞などの増強効果があり、免疫機能を活性化させます。

 

医療の現場では、代替療法の一つとして「低分子シーフコイダン療法」は注目されている分野で、医学的治療の補助として利用されることもあるようです。
シーフコイダンは、医薬品ではありません。

 

癌細胞を攻撃する作用ではないので、副作用はほとんどありませんが、早急ながん治療にはなりません。

 

あくまで健康補助食品として、がんに作用すると考えた方がいいでしょう。
また、シーフコイダンはアミノ酸を多く含んでいます。

 

アミノ酸は細胞、酵素などの人間を構成する最小単位のエネルギーです。
体内では生成できない重要なアミノ酸「必須アミノ酸」をバランスよく含んでいます。

 

成人病など病中病後、またその予防はもちろん、ダイエット効果、健康維持のための健康食品として多くの愛用者がいます。
シーフコイダンの飲み方は、健康体で60ml、病後の回復や代替療法の場合は症状に合わせて500mlまで、複数回で分けて飲みます。

スポンサード リンク