ADEKA、ソフィ、アウレオ黒酵母βグルカンの効果、効能、副作用

スポンサード リンク

βグルカンの効能・効果

βグルカン(ベータグルカン)とは、サルノコシカケ、アガリクス、ハナビラタケなどのキノコ(真菌類)に多く含まれる成分です。

 

また、βグルカンはパン酵母の細胞壁に含まれ、イースト菌から抽出されたのが始まりです。

 

さらに微生物の一種の黒酵母から培養される黒酵母βグルカンもあります。
βグルカンは高分子結合の多糖類ですが、高分子の多糖類はα型とβ型に分けられます。

 

そのβ型にも3種類があり、分子の構造体の違いによって有用性の有無が決まります。
健康に効能があるβグルカンは「β1−3グルカン」(β1・3D)の分子体系の型です。

 

βグルカンは体内では生成できない物質で、抗がん作用やコレステロールの低下、抗ウイルス作用、白血球の増強作用などの効果があります。

 

また、βグルカンは自然免疫を活性化させ、癌を攻撃するT細胞やNK細胞、B細胞の分泌や増強を促します。

 

またβグルカンは自然由来の成分で、副作用の心配はほとんどなく、逆に化学療法の副作用の軽減に大きく役立ちます。

 

こうした自然治癒力の活性化による免疫療法は、将来の癌治療に期待できる分野のひとつでしょう。

 

現在、βグルカンを主成分としたさまざまな健康食品が流通しています。

 

酵母やキノコなど原料も異なり、細胞壁を破砕し吸収率を高めた製品など豊富にあります。
βグルカンの含有量でも価格に違いがでるので、箱書きの測定値など参考にしましょう。

 

口コミなどを利用して、自分に合ったβグルカンを見つけましょう。

 

有名なβグルカンのメーカーには、エルソン、味の素などがあり、それぞれ独自の技術で超微粒子化したβグルカンが販売されています。

 

また、化粧水などスキンケア化粧品にβグルカンを使用した製品もあります。

 

抗酸化作用の効能を活かしアンチエイジング効果が高い化粧品のようです。

スポンサード リンク