チャーガ茶(カバノアナタケ)の副作用と癌に対する効果効能

スポンサード リンク

チャーガ茶の効能効果,副作用

チャーガとは、サルノコシカケ科のキノコの一種で、「チャガ」「チャーガ茸」ということもあります。

 

チャーガの基礎知識に、白樺の生木に自生するキノコで、別名に「白樺霊芝」「カバノアナタケ」「シベリア霊芝」などがあります。

 

チャーガはロシアが原産で、ロシアでは他の有用なキノコより名が知れたキノコです。

 

また、とても希少なキノコで幻のキノコと呼ばれてきました。
チャーガの成分は、βグルカン、食物繊維などがあります。
抗がん作用は、免疫機能の活性化により自然治癒力が高まることにあります。

 

日本では医薬品として認可が下りていないことから、癌治療には使用されませんが、代替療法のひとつとして考えられます。

 

薬剤とは違い副作用の心配がないのも、体力のない人などにはありがたいものです。
また、特筆すべきチャーガの特徴に豊富な食物繊維があります。

 

チャーガは、自生した白樺の養分を吸い尽くすため「白樺のがん」と呼ばれるほど、樹木のパワーを含んでいます。

 

また体内で有害な活性酸素を除去する抗酸化物質量も他のキノコより圧倒的に多いのです。

 

がんの予後はもちろん、アレルギーなどの体質改善、美容、疲労回復など、さまざまな目的でチャーガを選ぶ人が増えています。
また近年では「チャーガ・イリオス」が開発されました。

 

チャーガの細胞壁を粉砕し発酵させたもので効率よくチャーガの効果を吸収できるようにしたものです。

 

インターネットでチャーガを入手できます。

 

主なサイトは、「チャーガの休日」「チャーガ健康園」などがあります。

スポンサード リンク