メシマコブ(ツムラ,DHC)の成分と効果、副作用とがん(癌)

スポンサード リンク

メシマコブの効果と副作用(癌)

メシマコブは、長崎県の男女群島の「女島」に多くみられることから名づけられたキノコです。

 

コブ状に生育することも名前の由来です。

 

中国では「黄桑(おうぎ)」と呼ばれています。
担子菌類のタバコウロコタケ科に属し、学名を「フェリナス・リンテウス」といいます。

 

桑の木に自生しますが、天然のメシマコブは生長期間が30年と長く、またメシマコブの人工栽培は難しく大変高価なキノコでした。

 

現在はメシマコブ菌糸の培養に成功し、生産体制が整ってきました。

 

古くから抗がん作用に注目されていましたが、本格的な研究がさかんになったのは、人工
栽培が可能になった近年になってからです。

 

韓国で培養に成功したメシマコブ菌糸の「PL2」「PL5」には、高い抗がん作用があり、以来メシマコブの標準株になっています。

 

韓国では、メシマコブは医薬品と認可され癌の治療に使用されています。
メシマコブは、自然免疫機能を高め、がんを攻撃するNK細胞、マクロファージ、T細胞、B細
胞を活性化させる効果があります。

 

免疫機能に作用するため、副作用が少なく、また抗がん剤の副作用の軽減にも効果があります。

 

日本では認可されていないため、抗がん剤としてではなく、免疫療法の一つとして取り入れる医師がいます。

 

また、健康食品として愛用者が多いようです。

 

癌の抑止だけではなく防止やアレルギー体質の改善の効能もあります。
粉末状やドリンクなど色々な形態のメシマコブがあり、ファンケル、ツムラなどから販売されています。

 

また、近年はペット愛好家の増加に伴い、犬のがん治療が増えていますが、犬にもメシマコブが使用されています。品質の良いメシマコブを早く使った方がより効果が高いでしょう。

 

 

スポンサード リンク