びわの葉のがん(癌)への効能効用効果と枇杷の葉茶の作り方

スポンサード リンク

びわの葉の効能

びわの葉は、健康食品や民間療法の一つになりますが、古くからさまざまな効能が知られています。

 

仏教の歴史にも深く関係し、びわの葉の恩恵を昔から受け継いできた療法といえます。

 

主な効能には、温灸や、湿布、お風呂で使用すると温熱効果があり、煎じて飲むと胃腸の機能を整える、咳をしずめる、神経痛の改善などがあります。

 

びわの葉の主な成分は、アミグダリン、ペクチンなどです。
アミダグリンは、医薬品の成分で癌に対して有効なものです。

 

びわの葉の使用法の一例に、患部に直接葉をあてる方法があります。
痛みがある患部に葉を貼り上から乾燥防ぐためラップなどで覆います。

 

体温でびわの葉の薬効成分が患部に浸透し、痛みなどの症状が緩和されます。
末期のがんの痛みが軽減された体験をよく聞きます。
ただし、患部の治療中の場合は医師に相談してください。

 

また、びわの葉茶は、疲労回復、整腸、癌の予防、ぜんそく、肩こりの緩和などに効果があります。
病中病後はもちろん、体質改善、代謝促進などにおすすめです。

 

びわの葉は生の葉を自分で加工し利用する人も多いようです。
収穫したびわの葉を保管しやすいように乾燥します。

 

自家用に焼酎に漬け込んでびわ酒にしたり、エキスを抽出したり、化粧水、びわの葉茶、
入浴剤などいろいろな利用ができるようです。

 

また、びわの葉の効用を特色とした加工品も販売されています。
化粧水などのスキンケア商品は、肌のきめを整えるなど美肌効果に優れています。

 

特にアトピー肌の改善に効果があり、自然素材のびわの葉の商品は、小さい子供や赤ちゃんにも使えます。

 

癌に対して使用したい場合は、お茶よりもびわ茶葉凝縮サプリの方が栄養分が詰まっている分効果が高いです。

 

びわ丸

スポンサード リンク