トモセラピー、ノバリス放射線治療の効果 副作用。前立腺がん治療、病院、費用

スポンサード リンク

トモセラピーでがん治療

トモセラピーは、強度変調放射線治療(IMRT)を行う最先端の機器のことです。
ハイアートシステムと呼ぶこともあります。

 

かつての放射線療法とは異なり、がん細胞に正確に照射できます。
トモセラピーは、CT装置と放射線治療機器が一体化した装置です。
トモセラピーは、CT撮影を行い、立体的に病巣を把握します。

 

その後、らせん状に回転しながら360度の全方向から放射線を照射します。
一度の治療で複数の部位に照射ができます。
部位ごとに放射線量を調節し、余分な照射を減らします。

 

正確な治療とともに、副作用の軽減にもなります。
トモセラピーは、口腔がんや、肺がん、乳がん、肝臓がん、前立腺がんまたは多発性のがんなどに使用されます。

 

特に早期のがんは手術の外科療法と匹敵する効果があります。
開腹手術や内視鏡手術など、直接的な体にダメージを受けることなく治療を行えるので、手術に恐怖感がある人や、高齢の人にも安心できる治療法といえます。
また、手術で起こる感染症や合併症の危険が少ない治療です。

 

トモセラピーの設備は非常に高額になり、設置してある病院は全国に数件と限られています。

 

ほとんどのトモセラピーによる治療は、保険診療になり、保険が利きます。
従来のがん治療に比較すると、回数が減る場合が多く、また費用も減るでしょう。

 

また、再発性のがん治療のトモセラピーの場合は、自由診療になることもあります。

 

トモセラピーは、将来的に大変期待される治療法の一つで、早急な普及が待たれます。

 

スポンサード リンク