ハスミワクチンの効果と費用,友の会について

スポンサード リンク

ハスミワクチンの効果・費用について

ハスミワクチン(蓮見ワクチン)は、開発者蓮見喜一郎博士の名前をとって付けられた、癌のワクチンです。

 

ハスミワクチンは、癌細胞を攻撃する抗がん剤ではなく、また化学療法ではありません。
丸山ワクチンと同様に、自然治癒力を高め、免疫機能に作用し、がんの進行を食い止める効果があります。

 

特に手術を受けられない末期の癌の治療、延命などの方法として評価を受けています。
そもそも癌ワクチンには、「膜抗原型」「ペプチド型」「遺伝子型」の3種類があり、ハスミワクチンは膜抗原型になります。
膜抗原型は、癌細胞から採取した膜を抗原にする方法で、癌の部位ごとにワクチンがあります。

 

また、個人の癌細胞からワクチンを作る「自家ワクチン」があります。
ハスミワクチンと自家ワクチンを投与する治療法です。
ハスミワクチンは、全身療法ではなく局所療法の免疫療法と位置づけられます。
ハスミワクチンによる免疫療法は、保険外診療で、全ての医療機関で選択できる治療法ではありません。

 

免疫療法を扱う専門の病院で受けられるようなので、インターネットなどで検索してみましょう。
また、一部診察で保険が利く以外は、ハスミワクチン代も含めて自由診療になり、費用は高くなります。

 

病院によって多少料金に開きがあるので、事前に確かめたらいいでしょう。
ハスミワクチンを利用している患者や家族の団体に、「ハスミワクチン友の会」があります。

 

ハスミワクチンについて関心があり詳しく知りたい人は、会が主催する講演会や、実際の体験者の話などから効果、費用、価格などを聞いてみるのもいいでしょう。

スポンサード リンク