丸山ワクチンを使用している病院での効果,費用,値段と副作用

スポンサード リンク

丸山ワクチンの効果,費用,副作用

丸山ワクチンとは、日本医科大学の丸山千里博士(故人)が開発したワクチンです。
元々は結核の研究の権威であった丸山博士は、皮膚結核のワクチンを開発しました。

 

丸山ワクチンは、皮膚結核はもちろん肺結核、ハンセン病にも高い効果がみられました。
ハンセン病や結核の治療に大きく貢献しましたが、丸山博士はこれらの病気の人には癌になる人が少ないことに気付きます。

 

結核菌、ライ菌の抗体が、癌治療の作用するのではないかと研究が行われます。
数年後にワクチンを開発し、臨床試験を行います。
末期の癌が完治したなどほとんどの患者に優れた効果が認められました。
丸山ワクチンは、実のところ直接癌細胞を攻撃する働きはありません。

 

丸山ワクチンは、免疫療法の一つになります。
また、体の部位の場所に関わらず、全身に対して行う全身療法になります。
丸山ワクチンは、細胞に対して毒性を持ちません。

 

つまり、副作用がなく、体のダメージがない治療です。
末期のがん患者など、体力がない人にも癌の治療ができます。

 

また、末期の癌患者や転移が広範囲の人など外科療法や放射線療法をできない場合にも、選ばれている治療です。

 

同時に、がんの進行に伴う痛みなどの苦痛を和らげる効果もあります。
癌が完治しなくても、癌と共生しかつ生活の質の向上も期待できるのです。

 

ただ、丸山ワクチンは保険診療と認定されていません。
丸山ワクチンを受けられる病院は限られていますので、費用等事前に調べてください。

 

病院によっては自己注射をできるようですが、値段も異なります。

 

 

 

 

 

スポンサード リンク