癌に効果がある玉川温泉。岩盤浴セットやツアーも。湯治目的なら日帰りよりも長く滞在した方が

スポンサード リンク

玉川温泉ガン湯治ツアー

玉川温泉は、秋田県の岩手県境に近く八幡平に点在する温泉一帯のことです。
豊富な湯量と特殊な水質で、湯治場として全国に有名です。

 

玉川温泉の源泉は、98度の高温で、PHが1.2の強酸性の世界的にも珍しく主成分が塩酸の温泉です。

 

この泉質が癌に効果があると言われ、湯治場として定着しています。

 

玉川温泉の強酸性の性質は、白血球の活性化または増強に効果があり、自然治癒力が高まります。

 

癌と戦う免疫細胞を生成しやすい環境を作り出します。
玉川温泉には微量の自然放射線(ラジウム、ラドン)が含まれています。
この成分も自然治癒力を高める効果があります。

 

玉川温泉は、源泉周辺での岩盤浴が盛んです。
岩盤にはござやテントが用意してあり、毛布になどにくるまって横になると、体全体が温まります。

 

癌細胞は、42度以上の高温で死滅します。
この効果は、癌の代替療法の温熱療法にも通じます。
また、血行がよくなり、自然治癒力の高まりも期待できるでしょう。

 

近年は、岩盤浴は「デトックス」の一つとして脚光を浴びています。
玉川温泉も癌患者の湯治だけではなく、幅広い年代の人に人気が高まっています。
玉川温泉の効果を求め、遠方からも来訪者が絶えないようですが、癌の完治を急ぎ長湯してはいけません。

 

玉川温泉の性質は特殊で、個人によっては合わない場合もあります。
玉川温泉では湯治の注意を喚起しています。
癌の治療中の人は医師などの相談するなど、あくまでも自己責任で、温泉に入りましょう。

 

スポンサード リンク