がん(癌)粒子線治療センターでの費用、病院での適応、副作用

スポンサード リンク

がん粒子線治療の費用,副作用

粒子線治療とは、放射線療法の一つです。
一般的な放射線療法は、X線かγ線(ガンマ線)など、電磁波の一種を使った治療です。
粒子線は、原子を構成する要素の陽子線や中性子線、原子核などを流したものです。
粒子線の中で、原子核の線を「重粒子線」といいます。

 

重粒子線には、原子核の種類の線があり、炭素やネオンなど原子核の大きさの違いで、さまざまなガンの治療に使用できます。

 

X線は照射した組織などにぶつかりエネルギー線が拡散され、患部に到達するまでに速度が落ちていきます。

 

患部の深さによっては、効果を与えることが難しくなってきます。
また、放射線の量を増やし患部まで効果を届かせることはできますが、健康な細胞に与えるダメージも大きくなってしまいます。

 

粒子線はX線とは異なり、体内の中を進んだ後、高いエネルギーを放出し、消滅する特徴があります。

 

その性質を個人の症状にあわせて調節し、照射することで、癌細胞に集中的に攻撃できます。

 

また、炭素イオン線の場合は、同じ物質量の照射でも、X線に比較すると3倍のエネルギーを当てることができるので、症状にあわせて放射量を調整します。

 

周りの細胞に与える影響をできるだけ抑え、副作用も少ない治療ができます。
粒子線の種類によっては、X線が効きにくいガンにも強い作用をします。
粒子線治療に適しているがんには、口腔がん、肺がん(非小細胞がん)、縦隔腫瘍、肝臓がん、すい臓がん、子宮頸がん、前立腺がんなどです。

 

粒子線治療装置は、三菱電機などが開発しています。
粒子線治療の施設が整っている病院はまだ少なく、高度医療を推進する病院に限られています。

 

また、現在のところ粒子線治療は先進医療と認定されているため、保険の適用外でとても高額な費用が必要です。

スポンサード リンク