高橋豊先生命名のがん休眠療法ができる病院と効果

スポンサード リンク

がん休眠療法ができる病院

癌休眠療法とは、がんの活動を抑えて延命する治療のことです。

 

金沢大学の高橋豊医師が提唱した治療法で、まだ臨床試験の段階です。
癌の切除や縮小を目的とする積極的治療ではなく、癌と共存することを選択した治療です。
休眠療法は、現状維持をさせるため少量の抗がん剤で癌の増殖を抑えます。

 

休眠療法では、主に抗がん剤を利用した化学療法を行います。
一般的ながんの治療では、外科療法でがんの切除を検討します。

 

手術できない場所や症状が進行していた場合は、がんの縮小を目指し、放射線療法や化学療法などの治療をします。

 

そのときの化学療法は、効果が高い抗がん剤を使用します。
そして抗がん剤の効果に比例して、副作用の症状も激しくでる場合が多いようです。

 

もちろん完治する見込みがあり、医師と充分な相談の上に化学療法の治療をするのは問題はありません。

 

休眠療法は、弱い抗がん剤を継続して使用します。
個人にあった抗がん剤と適量を決めます。
副作用がグレード2以上の場合、抗がん剤を減らし、安定するまで繰り返し、効果を確かめます。

 

休眠療法は、なるべく副作用を軽減しますが、全ての副作用はなくなることはないでしょう。
激しい副作用が体と精神に与えるダメージと、残りの命の生活の質を比べて、治療に疑問を感じる人もいると思います。

 

そんな人に休眠療法は受け入れられはじめているようです。
休眠療法を選ぶのは消極的治療ではありません。

 

病院によっては、病気のステージと症状から休眠療法をすすめることもあるようです。

スポンサード リンク