がん(癌)と代替療法について

スポンサード リンク

がん免疫療法の効果

免疫療法は、免疫の機能をがんの治療に利用した治療法のことです。
免疫の言葉が持つイメージで、「免疫力が落ちたから風邪を引きやすい」、「免疫を上げるために〜しよう」などと言われますが、免疫は単純に上下するものではありません。
そもそも免疫は、体内に入った細菌やウイルスなどの異物を排除する機能のことです。
免疫は2種類あります。

 

元来生まれつき体内にある免疫を「自然免疫」といい、怪我をしたとき傷口を塞ぎ、細菌を排除し自然に治癒する働きがあります。
もう一つは、成長の過程で体内が経験したことに耐性がつく「獲得免疫」です。
結核、はしかなどで予防接種で免疫をつけることも獲得免疫に含みます。
異物を排除する働きをガンに応用し、その機能を持つ細胞を体内作る治療が免疫療法です。

 

また、免疫療法はがんだけではなく、花粉症、アレルギーの治療にも個人差がありますが効果があるようです。
がん細胞は発生時には、自然免疫の機能を持つNK細胞、白血球のひとつの好中球などが、がん細胞を破壊します。

 

自然免疫でがんの増殖を抑えられない場合に獲得免疫のT細胞やB細胞が癌の攻撃を行います。

 

これらの免疫を活性化、生成をするワクチン、薬剤の開発が進んでいます。
手術ができない肺がんや、乳がんの切除後の再発防止の治療などに免疫療法が効果をあげています。

 

免疫を上げるがんの治療は、特に近代になり盛んに研究が進み、まだ開発の余地がある医療分野です。

 

免疫療法は先進医療になるため、保険が適用されません。
治療は高額になることが多く、事前に確認しましょう。

スポンサード リンク