がん(癌)と代替療法について

スポンサード リンク

ゲルソン療法の効果

ゲルソン療法とは、アメリカのマックス・ゲルソン博士が考案した食事療法です。
がんの代替療法の一つですが、ガンの治療だけではなく、アトピーやアレルギーの体質改善、長寿の健康法としても効果があるようです。

 

日本では、星野仁彦博士が書いた「ガンと闘う医師のゲルソン療法」の書籍が知られています。
医学医療と同時に、ゲルマン療法をすすめる病院もあります。
ゲルソン博士は、食生活により体の代謝機能が乱れ、がん細胞が発生、増殖すると考えました。

 

ゲルソン療法は、がんの原因になるまたは助長する食品の摂取を禁止し、自然治癒力を高める栄養素を含む食品を推奨しています。

 

ゲルソン療法の食事療法の特徴は、塩分の排除、油脂類やたんぱく質の制限、野菜ジュースの摂取、アルコールやたばこの禁止、食品添加物の禁止などがあります。
特に特徴的な野菜ジュースですが、有機栽培の野菜と果物に限ります。
冷凍食品や缶詰のものはだめです。

 

ジュースは市販のものでは効果がありません。むしろ塩分や保存料など食品添加物を含むことが多く、禁止されます。
ジューサーで作る新鮮なジュースでなければいけません。

 

食事に取り入れる方法は、ゲルマン療法を実践している人のブログの中にはレシピなどがあるようです。
また、ゲルマン療法では、「コーヒーエネマ」という腸洗浄を行います。

 

ゲルマン療法では、コーヒーの成分のカフェインが、体内の細胞に蓄積された老廃物を排泄する肝臓の機能を高めるとされています。

 

 

スポンサード リンク