がん(癌)と代替療法について

スポンサード リンク

癌と代替療法

代替療法とは、外科療法や化学療法など医学的根拠に基づく医療ではない療法のことです。

 

補完医療とも呼ばれます。
主な代替療法には、漢方薬、鍼灸、気功などの東洋医学、整体療法、体質改善、心理療法、ヨガなどがあります。

 

代替療法は豊富にあり、増加傾向が続いている状態です。
代替療法のほとんどが、自然治癒力を高める概念を持っているといえます。
元来人間が持っている治癒力を引き出し、癌などの病気に対抗していく療法です。
がんの原因にもさまざまありますが、その大きな原因の一つに食生活や生活習慣があるでしょう。

 

たとえば、本来日本人に少なかった乳がんや、膀胱がんなどが増加傾向にあるのも、食生活の変化があげられます。
また、肺がんはたばこの影響が大きいと言われています。
ライフスタイルの変化によるガンの増加に限らず、現代病全般に言えることかもしれません。

 

代替療法は、ホルモン分泌や自律神経の乱れからバランスの欠いた身体を治すことを基本にしています。

 

病気に対する免疫機能を高める「免疫療法」に通じる場合もあり、病院によっては積極的に取り入れられているようです。
理想的な代替療法は、医学療法の所見、治療と並行し検討されるものではないかと思います。

 

ただ、信仰などの理由で輸血などの医療行為を拒む人は、はじめから代替療法を選択するようです。

 

また、子宮に関する病気、子宮筋腫や軽度の子宮頸がんなどは、妊娠の希望がある場合などは漢方を使用した代替療法を選択することもあります。代替療法によっては勉強会を開催しているので、関心のある人は学んでみましょう。

 

ただし、現在では良いもの、そうでないもの、の差が激しいです。代替療法を行うのでしたが、ベストなものをひとつにしぼって行うことが望ましいです。

 

あとは、食事療法ですね。代替療法でも効果の出やすい人、出にくい人がいるのですが、食事療法と併用することによって、行っている代替療法の効果が顕著になったという報告もあがっています。

 

食事療法自体が免疫力を高めますので、その結果も当然といえるでしょう。

スポンサード リンク