がん(癌)と代替療法について

スポンサード リンク

乳がん検診

乳がんは、発生率が比較的高いがんです。
しかし、早期発見し治療をすることで、完治する割合も高いがんといえます。

 

乳がんの年歳代別発生率は、30歳代から増えはじめ、40歳代が一番高いです。
70歳代や80歳代まで高齢でも多く発症する病気で、近年は30歳代も増加傾向です。

 

乳がんはしこりの発見で見つけることが多い病気ですが、しこりの症状は乳がんがT期以降に進行した状態です。
できればしこりが小さいうちに発見したいものです。

 

定期的に乳がん検診を行いましょう。
自治体や職場では、おおよそ40歳以上の女性に乳がん検診を行っています。

 

ただ、家族に乳がんの発病者がいたり、ピルを使用していたり、他の病気で乳がんのリスクが高い人などは、より早期の検診をおすすめします。

 

乳がん検診では、問診、視診、触診、画像検査が行われます。
画像検査は、「マンモグラフィー」と「超音波検査」があります。

 

マンモグラフィーは、乳房検査様のX線の検査です。
初期の乳がんの細かい石灰化した部分も発見でき、早期発見に効果を発揮する検査です。

 

ですが、乳房を伸ばし圧迫するので、特に若い人には痛いようです。
超音波検査は、エコー波を当て、乳房の内部を画像化し検査します。

 

乳がんの検査費用は、自治体などによる集団検査の場合は一律が多く、より精度が高い検査や自己検査を受ける場合は、病院によって料金が違ってきます。

 

また、女医を希望する場合など、事前に病院に確認しましょう。
病院の検査とあわせて、自己検診もおすすめです。

 

立った状態で乳房の形にいびつさがないか、横になりしこりがないかなど、定期的に自分で調べてみましょう。

 

スポンサード リンク