がん(癌)と代替療法について

スポンサード リンク

抗がん剤の副作用

抗がん剤は、がんの化学療法で使用する薬剤です。
抗がん剤の種類は豊富で、症状や個人の体質、効果などによって使い分け使用します。
特に、治療法とともに抗がん剤の開発も、医学とともに進化し、副作用が少ない抗がん剤の開発がさかんです。

 

がんの症状やステージなどにも違いますが、抗がん剤の治療でがんが完治した例もあります。

 

特に、白血病や初期の乳がんでは高い効果があるようです。
また、手術など外科療法や、放射線治療と組み合わせて、抗がん剤の投与をする場合も多いです。

 

しかし、抗がん剤はまだ副作用があることでも知られています。
がんの増殖を薬で抑えることは、正常な細胞にもダメージを与えてしまうために起こる作用です。

 

副作用には、血液のデータ値に悪影響がある内面的なものと、症状になって自覚できるものがあります。

 

抗がん剤の副作用は4段階のグレードで分けられます。
グレード0と1は、症状がないまたは不快感や3日間ほどの短期間で治まる程度です。
グレード2以上で、抗がん剤の中止か続行か医師が判断します。

 

抗がん剤の副作用の症状には、嘔吐、脱毛、腎障害、神経障害などがあります。
さらに急激に副作用が現れる症状には、薬物アレルギー、血管の痛みなどがあります。

 

また、遅く現れる副作用症状には、二次がんがあります。
たとえば、乳がんの副作用には、脱毛、色素沈着、生理が止まるなどがあります。
また、肺がんの副作用には、白血球の減少、悪心、腎機能の低下などがあります。

 

副作用を抑える薬や、予防薬もありますが、ある程度は予測する副反応症状もあり、がんの治療を優先すると、耐えなければいけないこともあります。

 

末期のがん患者の緩和ケアと同じく、患者の苦痛の軽減は、現在注目されている分野の一つです。

 

スポンサード リンク