定位放射線治療の費用,副作用,前立腺がん,肺がん,

スポンサード リンク

放射線治療の費用,副作用

放射線治療は、がんの治療法として知られています。

 

放射線治療は、X線や電子線、γ線(ガンマ線)、粒子線などの放射線をがん患部に照射し、がん細胞を壊す治療です。
がん細胞は自分では修復できませんが、正常な細胞は修復ができます。

 

その費用はどのくらいでしょうか。
まず癌の種類、症状などで大きく違ってきますが、放射線1回の照射で、5000円ほどの費用がかかるでしょう。

 

放射線治療は、手術の外科療法とあわせて行うこともあり、治療の頻度などでも費用には開きがあります。

 

癌の種類によって照射する放射線の種類と量は違います。
たとえば、早期のがん、特に前立腺がんや咽頭がんなどは放射線治療が優先します。
乳癌や胃がんなどは、外科療法、化学療法と組み合わせて行う場合が多いです。

 

手術の前に、がんを縮小させするために照射することもあります。
乳がんで放射線治療を行う場合は、通常放射線治療が25回で30万円前後です。

 

保険診療になり負担割合で違います。
また、治療後にも再発防止のために、放射線をあてる治療をする場合があります。

 

外科療法を選択しない場合や末期の場合は、緩和ケアの一つとして、放射線で痛みの軽減を行う治療をします。

 

また、強度変調放射線治療などの最先端の放射線治療は国から先進医療の認定がされ、放射線治療の費用は、そのほかの診療費用を含めると100万前後と高額になります。

 

先進医療は保険診療に適用されないので、全額自費になります。

 

 

スポンサード リンク