がん(癌)と代替療法について

スポンサード リンク

緩和ケア

緩和ケアは、がんの痛みをやわらげ、また精神的にも不安を取り除く手当てのことです。
がんそのものの治療ではありません。

 

末期のがんの8割は強い痛みを煩っています。
鎮静剤などで痛みを緩和したり、放射線で神経伝達を抑えたりします。
また、末期のがん患者ではなくても緩和ケアを勧めるケースがあります。

 

がんの告知をうけたり、将来に悲観的になったりして精神的に不安定な状態では、癌の治療も効果が低下してしまいます。

 

緩和ケアを専門に扱う病院に「ホスピス」があります。
病院の中に、緩和ケア病棟を設けているところもあります。

 

ホスピスや緩和ケア病棟は一般病棟とは違い、患者の苦痛をやわらげ、安らぎやくつろぎを大切にします。

 

家族の面会時間が長い、庭やレストルームなど設備が充実しているなど、病院によって特徴があります。

 

緩和ケアは、医師と看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー、栄養士、精神科医など複数であたることが一般的です。

 

緩和ケアの資格制度も整い、緩和ケア認定看護師も年々増えています。
また、訪問看護で自宅で緩和ケアを受けられる「在宅緩和ケア」のサービスがある病院も増えてきました。

 

ほとんどの自治体には、緩和ケアの相談を受け付ける窓口が設けられています。
がん患者本人はもちろん、ケアにあたる家族へのアドバイスも相談できると思います。
緩和医療に関して、WHO(世界保健機構)が指針を示しています。

 

「WHO方式癌疼痛治療法」は、がん患者の痛みを排除する治療と、人間としての当然の生活の質(クオリティオブライフ)の向上を目指しています。

 

日本でも緩和医療学会が設立し、緩和ケアの普及に努めています。

スポンサード リンク