がん(癌)と代替療法について

スポンサード リンク

インフォームドコンセント

インフォームドコンセントとは、病気の症状や治療方針など、医師から充分な説明を聞き、納得し、同意の上で治療をうけることです。

 

インフォームドコンセントの歴史は比較的浅く、医学の急激な進歩とともに発達しました。
過去の欧米で同意がないまま新薬の臨床実験を行い、それに非難が高まり、個人の権利を優先するインフォームドコンセントの概念が定着しました。

 

近年になり徐々に日本でも浸透しつつあります。インフォームドコンセントの概念がなかった以前は、病気は医師任せになるなど問題点がありました。

 

医学の知識に乏しく、また不安を医師に伝えにくく、説明を求めにくいことがままにあったと思います。

 

自分がどんな病気なのか、進行はどのくらいか、どんな治療をされているのかなど、本人に
は知る権利があるのです。

 

医学は日々進歩しており、最新の治療や薬剤が増えています。
多様化した治療法のメリット、デメリット、また医師が選択する治療方針の説明を聞きましょう。

 

インフォームドコンセントのほかに、主治医と別の医師に意見を求めるセカンドオピニオンがあります。

 

どちらも患者の当然の権利で、有効に利用しましょう。
一般的にインフォームドコンセントを求めると、同意書に署名することになります。

 

現在では、治療の前に医師から同意書を出されることが多いようです。
インフォームドコンセントは、医療事故による後のトラブルの回避にもあることがあり、病院も積極的に取り入れているようです。

 

一方、インフォームドコンセントの問題点も残っています。
がんなどの告知や信仰などの理由で医療拒否、救急の場合など、まだ解決されていない問題があります。

スポンサード リンク