がん(癌)と代替療法について

スポンサード リンク

セカンドオピニオン外来

セカンドオピニオン外来とは、セカンドオピニオンを専門に行う科目で、近年増設する病院が増えてきました。
特に、がんなどの重病や、整形外科のように高い費用がかかる治療などを扱う病院に傾向があるようです。

 

セカンドオピニオンとは、「第二の意見」ということですが、病気の診断をした医師とは別の医師に意見を聞くことです。
患者は医学的な知識があまりないことが普通で、医師の診断に自分の治療をゆだねてしまいがちです。

 

そこで別の医師の中立の診断は、治療法の妥当性の判断、または選択の広がりにおおいに役に立ちます。

 

以前は「セカンドオピニオンを受けたい」と言い難いものでしたが、現在は快諾する医師が一般的でしょう。
もしも、セカンドオピニオンに応じてくれない医師だった場合は、信頼や治療に疑問を持った方がいいと思います。

 

積極的にセカンドオピニオン外来を利用しましょう。
もちろん、セカンドオピニオン外来がなくても、セカンドオピニオンを求めることはできます。

 

セカンドオピニオン外来では、診断済みの病気を診断するための科目で、受診できる条件を設けています。

 

患者本人または同意書を持つ家族の相談になります。
料金は時間制で、最初の1時間の定額から30分ごとに増えていく料金システムが一般的です。

 

また、健康保険は適応されません。
また、セカンドオピニオン外来は一般的に予約制をとっています。

 

事前に電話で料金や必要な書類を聞いて予約をしましょう。

 

スポンサード リンク