がん(癌)と代替療法について

スポンサード リンク

脳腫瘍の症状

脳腫瘍とは、頭蓋骨の中の組織に発生する腫瘍のことです。
脳組織から発生した脳腫瘍を「原発性脳腫瘍」といい、他の臓器から転移したがんを「転移性脳腫瘍」といいます。

 

転移性脳腫瘍は、肺がんや乳がんや他のがんから転移して起きるので、個々のがんの発生する年代と似たような年齢層に多く発症しますが、原発性脳腫瘍は、成人だけではなく子供にもみられる病気です。

 

小児に発生する脳腫瘍は、小脳に多く発生し、歩行困難、水頭症などの症状がでます。
また、犬など動物にも発生する病気です。

 

原発性腫瘍は、良性と悪性の腫瘍がありますが、両性の場合でもしこりが脳機能の障害になることがあります。
脳腫瘍の症状は、発生する場所で違いがあります。
一般的な脳腫瘍の症状は、頭痛、嘔吐などですが、視神経の圧迫では視力や視野の目に障害がでます。

 

また、ホルモン分泌機能の異常を引き起こし、不妊症や肥満、むくれなどの症状があります。
脳腫瘍の進行の段階で、さまざまな症状がでるので、発見が遅れることがあります。
脳腫瘍の検査は、MRI検査が有効です。

 

そのほかに進行を確認するために、ホルモン検査、腫瘍マーカー検出の血液検査などがあります。

 

脳腫瘍の治療は、さまざまな症状の治療の優先度を検討し、治療方針を決めることになります。

 

手術の外科療法は、発生した場所によってはできない場合もありますが、原発性腫瘍はほぼ切除できるようです。
外科療法と組み合わせて、放射線療法と化学療法が中心になることが多いようです。

 

スポンサード リンク