がん(癌)と代替療法について

スポンサード リンク

悪性リンパ腫の症状

悪性リンパ腫は、リンパ球の細胞が悪性化するがんのことです。
リンパ節で発生し、やがてはリンパによって全身に運ばれ、複数の臓器に転移をします。
悪性リンパ腫は、がんになったリンパ細胞の遺伝子の異常によって、「ホジキンリンパ腫」と「非ホジキンリンパ腫」に分類されます。

 

日本での悪性リンパ腫は、ほとんどが非ホジキンリンパ腫で、男女比はあまりありません。
ホジキンリンパ腫は、発生のピークが20歳代と高齢層と二分化した特長があります。
また犬にも見られる病気です。
悪性リンパ腫の症状は、リンパ節の腫れ、しこり、発熱、体重減少、疲労などがあります。
特に、わきの下や首の周辺、足の付け根などのリンパ節が腫れることが多く、グリグリとした触感を感じることがあります。

 

また、体内の臓器のリンパ腫の場合は、しこりに気付きにくく、臓器の機能低下などの症状が出ます。
悪性リンパ腫の検査は、血液検査、細胞組織の生検などがあります。
悪性リンパ腫は、症状が出た時点で進行している場合も多く、個人により治療方針が大きく異なることもあります。

 

リンパ節だけではなく、転移がある場合には他の臓器の治療も並行する必要があるからです。
抗がん剤の投与による化学療法と、放射線療法の組み合わせで治療していきます。
ステージや発生した部位、個人の体質などにより、効果がある抗がん剤は違います。
ホジキンリンパ腫には、ABVD療法が標準的治療になります。

 

また、個々の抗がん剤には副作用もあるので、治療方針を医師と話し合うことになるでしょう。

 

 

スポンサード リンク