がん(癌)と代替療法について

スポンサード リンク

腎臓がん

腎臓がんは、尿を作る臓器腎臓にできる悪性腫瘍のことです。
腎臓がんは、尿を排出する尿細管の上皮細胞に発生します。

 

腎臓がんは男性に多く、40歳代から増えていきます。

 

腎臓がんの原因はまだ解明されていないものもありますが、たばこ、肥満などに関係があ
ると言われています。
また、腎不全の尿毒症の症状から、腎臓がんにつながることがあります。
近年は、ヒッペル病遺伝子との関連がわかってきました。

 

腎臓がんの症状は、微熱、食欲の低下、貧血など腎機能の低下の症状がでますが、早期の腎臓がんはあまり症状がありません。
また、進行が進むと、血尿、腹部のしこり、痛みなどの症状があります。
他の臓器に転移した症状で発見される場合もあります。

 

早期発見が生存率をあげる最大の鍵です。
定期的な病院での検診を受けましょう。

 

腎臓がんの治療は、ステージによって外科療法と放射線療法、免疫療法などを組み合わせて行います。

 

転移がない初期のステージのがんは、手術による摘出、切除が効果的です。
そのほかには、がん細胞の栄養を絶つ「動脈塞栓療法」などがあります。
治療法にもよりますが、予後は他のがんよりは比較的良いとの見方もありますが、注意するに越したことはないでしょう。

 

インターネットや書籍などでは、腎臓がんの闘病記などが多くあります。
参考に読んでみたらいいでしょう。

スポンサード リンク