がん(癌)と代替療法について

スポンサード リンク

卵巣がんの症状

卵巣がんは、卵子を生成する卵巣にできる悪性腫瘍のことです。
卵巣は子宮をはさんで体の左右にある臓器で、卵管で子宮とつながっています。

 

ほとんどの場合、卵巣がんは片側で発生しますが、両方ががんになることもあります。
卵巣がんは、40歳〜50歳の人に多いのですが、近年は幅広い年代層で増加傾向です。
卵巣がんの80%以上が良性の腫瘍で、悪性の腫瘍は少ないです。

 

卵巣はいくつかの層で構成されていますが、卵巣がんは表層の上皮細胞に発生する「上皮性がん」がほとんどです。

 

卵巣がんの症状は、頻尿、不正出血、便秘などですが、初期の卵巣がんは症状があまりでません。

 

卵巣がんが進行し、卵巣が腫れている状態でも、無症状の場合が多いです。
そのため自覚症状での検査ではなく、婦人科検診や他の病気の検査などで発見されることが多いようです。

 

かなり進行が進むと、腹水のため腹部の圧迫、食欲不振、腰痛、呼吸が苦しいなどの症状があります。
腹水はじめ胸水や卵巣腫瘍茎捻転など引き起こし、ひどい時には卵巣の破裂を招き、激痛に襲われることもあります。
卵巣がんの治療は、化学療法が効果が高く、ステージによっては優先して行われることもあります。

 

妊娠を希望する場合は、卵巣の温存を考えますが、発症が片側の卵巣だけの場合などは、摘出手術をします。

 

腹膜の臓器に被さっている「大綱」という脂肪組織がありますが、最も卵巣がんが転移しやすい組織です。

 

開腹手術時には、転移がなくても切除します。
ステージが進行し、卵巣の周辺の大腸や小腸、肝臓に転移がある場合は、卵巣がんの手術時に摘出をすることもあります。

 

 

スポンサード リンク