がん(癌)と代替療法について

スポンサード リンク

肺がんの治療

肺がんは、呼吸する臓器肺にできる悪性腫瘍です。
肺がんは、日本で最も死亡率の高いがんで、男性の方が女性より3倍多い病気です。
良く知られていますが、肺がんの原因のひとつにたばこがあります。
喫煙率と肺がんの発生率は比例していて、たばこが肺がんのリスクを高めることは間違いないようです。

 

肺がんは、症状や特徴によっていくつかの分類があります。
「小細胞がん」と「非小細胞がん」に分かれ、さらに非小細胞がんには「腺がん」、「扁平上皮がん」、「大細胞がん」にわかれます。

 

一番多い肺がんは、腺がんで全体の半数以上を占めます。
腺がんは肺の末梢に発生し、まだ小さな状態から転移をすることが多く、治療はステージによって変わります。

 

扁平上皮がんは、たばことの因果関係が深いがんで、喫煙者にかかる肺がんです。
腺がんと同じく末梢に発生しますが、転移は鈍く進行し、適切な治療で完治しやすいものといえます。

 

小細胞がんは、増殖、転移する時期が早い肺がんで、発見した時点で末期の状態で手術による外科療法が困難な場合が多いようです。
抗がん剤投与の化学療法や放射線療法などが効きますが、完治には至らないことが多く進行を遅らせる治療になります。

 

肺がんの症状は、長引く咳、痰に血が混じる、発熱などがあります。
他の臓器に転移している場合は、胸の痛みや頭痛など他の症状がでることがあります。
また、大細胞がんの種類の肺がんなど、症状がほとんどない肺がんもあります。
肺がんの治療は、種類やステージなどにより、外科療法や化学療法などさまざまな治療法があります。

 

医師によって治療方針も変わるので、ガイドラインも参考にするといいでしょう。
病院によって名医や最新の治療を受けられますが、費用も開きがあるでしょう。

 

特に末期の肺がんは、薬剤や放射線で進行や転移を抑えますが、治療の副作用がダメージになることもあります。
安心できる医師を選ぶことが大切になります。

 

スポンサード リンク