がん(癌)と代替療法について

スポンサード リンク

膀胱がん

膀胱がん(膀胱癌)は、尿をためる臓器の膀胱にできる悪性腫瘍です。
腎臓でできた尿は膀胱にたまり、尿意を感じ排泄されます。
膀胱がんは、 膀胱の内部の上皮細胞に発生するものが大半です。

 

膀胱がんは、40歳代以上の男性に多く発生する病気で、近年は増加傾向にあるようです。

 

膀胱がんの症状は、血尿や残尿感、排尿痔の痛みなどの症状があります。
特に膀胱がんの発症が膀胱の出口に近い場合は、膀胱炎に似た頻尿、尿がにごるなどの症状がみられます。

 

腎臓がんや前立腺がんとも似た症状の場合もあります。
このような症状のときは、泌尿器科で検査を受けましょう。

 

膀胱がんは比較的症状がでやすいがんで、早期発見されやすく生存率も高いといえます。
膀胱がんの治療は、進行具合のステージによりますが、比較的浅い部位の膀胱がんなどには、手術による外科療法が一般的です。
また、上皮細胞に発生したがんには、結核のワクチンであるBCGを注入する化学療法を行います。

 

膀胱がんが、ステージ進行している場合や、浸潤がんの場合は、摘出手術の外科療法を選ぶことが多いようです。

 

その場合は、尿の調節機能や尿路の確保を考慮します。。
新しい尿路や膀胱の機能を代用する器官の形成になります。
予後に影響が大きい臓器の治療なので、充分に医師と治療方針を検討しましょう。

 

また、膀胱がんが多発性の場合は、再発や転移の可能性があります。
がんの切除のあとも、抗がん剤の投与など化学療法を行っていきます。

スポンサード リンク