がん(癌)と代替療法について

スポンサード リンク

前立腺がんの治療

前立腺がんは、膀胱の下にある臓器の前立腺にできる悪性腫瘍です。
欧米では多いがんですが、近年日本でも増加しつつあるがんです。

 

前立腺がんは、50歳代から増えはじめ、80歳代まで幅広い年齢層に発症します。
前立腺がんの症状は、排尿に関係するものが多く、残尿感、頻尿、排泄に時間がかかる、尿の勢いが弱いなどがあります。

 

前立腺がんの進行にともない、尿がでなくなる、排尿時の痛さなどの症状があります。
また、前立腺に近い臓器、精嚢や膀胱に転移すると、精液や尿に血が混じるなどの症状がでます。

 

このような症状は初期の前立腺がんではあまり現れないため、発見が遅れます。
50歳を過ぎたら、病院で検診をおすすめします。
前立腺がんの検査は、血液検査が有効です。

 

腫瘍マーカーの検出で、前立腺がんが発見されることが多いようです。
患部を確定するための検査は「針生検」が行われます。
患部に針を刺し組織を採取、顕微鏡で検査をし場所や進行具合を特定していきます。

 

前立腺がんの治療は、ホルモン療法、放射線療法、外科療法などがあり、組み合わせて治療を行います。
前立腺の進行は遅く、血液検査の値の変化をみながらホルモン療法の治療することが多いようです。

 

ホルモン療法は、前立腺がんの増殖に関係のある男性ホルモンを抑える治療ですが、血栓、むくみ、動悸などさまざまな副作用があります。

 

血栓は心不全など引き起こすとこもあるので、治療には注意がいるでしょう。
また、新しい治療法に「トモセラピー」があります。
トモセラピーは、がん組織にのみ放射線をあてる最新の治療です。

 

転移がない前立腺がんは、前立腺を摘出する手術の治療があります。

 

スポンサード リンク