がん(癌)と代替療法について

スポンサード リンク

子宮頸がんの検診

子宮にできるがんを子宮がんといいますが、子宮頸がんは、子宮の出口にできるがんをいいます。

 

子宮頸がんは、子宮ガンの約80%で、40歳代から50歳代で多く発生します。
近年は子宮がん、子宮頸がんとも増加傾向にあり、20歳代、30歳代の若年層にも増えつつあります。

 

初期の子宮頸がんは、痛みなどの症状はほとんどなく、不正性器出血や、おりものがある場合があります。

 

子宮頸部は、視診と触診ができる器官で、子宮頸がん検査で早期に発見できる病気です。

 

自治体の検診、職場の検診などがある場合は利用して、早期発見につとめましょう。
自治体などの子宮頸がん検診は、年に1回行われ、30歳以上と年齢制限があることが多く、検診費用は1000円前後ではないでしょうか。

 

検診結果が要精密検査の場合、それ以降の検診費用は病院や検査によって変わるので、事前に料金の確認をしましょう。
子宮頸がん検査の方法は、子宮頚部の細胞を採取し検査をします。
強く擦るため少し痛いと感じる人もいるかもしれません。

 

検査の精度は高く、ほぼ間違いなくがんの有無結果がでます。
さらに進行具合(ステージ)を確定するために、超音波検査などの精密検査をします。

 

子宮頸がんのステージは、5段階にわかれますが、クラスUまでは予兆がある状態、クラスV以降で組織診を行います。
クラスVaは、がんの形成が軽度、クラスVbは高度異常形成、クラスWは粘膜上の上皮がん、クラスXは転移、進行が見られるがんです。

 

子宮頸がんの治療は、外科療法を基本に行い、化学療法と放射線療法を組み合わせます。

 

ステージにもよりますが、妊娠の希望の場合は子宮温存を考慮して治療を進めます。

 

スポンサード リンク