乳がん(癌)と代替療法について

スポンサード リンク

乳がんの治療

乳がんは、乳腺にできるがんです。

 

乳腺は、母乳の通り道の乳管と、乳管の先に母乳をためる小さな器官の小葉があります。
乳腺の表面(上皮)細胞が変異し、進行しそれらが重なり腫瘍となります。

 

乳がんの治療は、進行の度合い、病期(ステージ)によって違ってきます。

 

しこりの大きさや、リンパ節への転移、他の臓器の転移などから、0期からW期に分類されています。

 

0期からT期までが、早期の乳がんとされています。

 

T期は、しこりが2cm以下で、他の部位への転移はない状態の乳がんです。
早期乳がんには、局所療法の治療が行われます。
がんそのものの切除の外科手術と放射線治療があります。

 

U期以降の乳がんは、外科手術とあわせて、全身療法をします。
化学療法では、抗がん剤の投与を行い腫瘍の活動を抑え、小さくし切除手術を行います。
ホルモン療法は、抗ホルモン剤を使用します。

 

エストロゲンという女性ホルモンが促進させる作用がありますが、抗ホルモン剤でエストロゲンの働きを抑えます。

 

乳がんの治療は、病院や医師により違いがあるかもしれません。
最前線の治療は日々進化しています。

 

乳がんの病院のランキングや、口コミなどで名医を探すのもいいでしょう。

 

乳がんのステージや治療により、かかる費用にも開きがあります。
信頼できる医師に、自分の症状と費用に合った治療法をよく相談して選びましょう。

 

乳がんの治療のガイドラインは、乳がん学会で公開されていますので、参考にしてください。

スポンサード リンク