腹水がたまるとどうなる?

スポンサード リンク

腹水がたまるとどうなる?

末期がんの症状としてお腹に腹水が溜まるケースがあります。

 

■腹水とは

 

腹部には、「腹腔」といわれるすきまがあります。

 

腹腔には、臓器と臓器の摩擦を減らし、動きをスムーズにするために、20〜40ml程度の水がはいっています。

 

この水がたくさん溜まった状態を腹水といいます。

 

末期がんの症状のひとつでもありますが、それ以外でも肝硬変、肝疾患という病気でもみられます。

 

だんだん水がたまってくるので、おなかが膨らみ、それが臓器を圧迫して、苦しくなってきます。

 

腹水それ自体は病気ではなく、癌のような疾患があって、合併症として副次的に腹水がたまってきます。

 

腹水はすぐに抜くことができません。血液と同じく身体に必要な栄養素がつまっているので、腹水を抜くと身体は一時的にラクになりますが、栄養分がとられるので、その分身体は衰弱していきます。

 

血中のタンパクもじょじょに減っていきます。

 

■腹水の原因

 

腹水の原因ですが、血管の水分に圧力がかかったことです。それが外に出て腹腔内に染み出て腹水になります。

 

または血清タンパクが減少して循環血液量が増加する、といった要因もあわさって、腹水が発症します。

 

癌の場合は腹膜脾腫のような炎症がおこったときに、腹腔への血管透過性が増加し、腹水になります。

 

腹水の症状ですが、食欲がなくなったり、身体のだるさ、苦しさにあらわれてきます。

 

MRIでの症状の写真は素人でははっきりとは分かりません。

 

■腹水を発症させる病気(疾患)

 

・癌
(一番多いのが末期胃癌です。大腸癌、肺がん、肝臓がん、すい臓がんでも腹膜転移の末期がんの症状です。)
・肝硬変、劇症肝炎、肝炎
・ネフローゼ
・腹膜疾患(腹膜炎)

 

■腹水の治療

 

まず大切なことは、原因である根本疾患を治さない限りはずっと続きます。

 

腹水を抜くのはあくまでも対処療法にしかすぎません。

 

腹水の量を少なくする方法は、直接針で刺して、腹水を抜くことが基本です。

 

(腹水穿刺といって、看護師がついて医師がおこないます)

 

利尿剤で、おしっこの量をふやして徐々に、腹水の量を減らしていくかです。

 

■治療後

 

腹水が溜まっているケースは、結成タンパクの少ない「低アルブミン血症」といいます。

 

そのために、アルブミン補充をおこないます。

 

腹水が少量であれば問題ありませんが、大量の場合、腹水内の栄養素、タンパクを捨てると、免疫低下につながるので、腹水濃縮ろ過をおこないます。

 

これは、自分の腹水を抜いた後、それを機械で濃縮してそれをまた自分の血管へ返すというものです。

 

これをCART療法といいます。

 

Cell-free and Concentrated Ascites Reinfusion Therapyの略語です。

 

穿刺した腹水をフィルターで細菌やがん細胞等を除去し、濃縮器で必要のない水分を取り除いたのち、アルブミンやグロブリン等 の“栄養分”を再び点滴で自分の体内に戻す療法です。

 

腹水を抜く→濾過濃縮→再度静脈に注入

 

これだと必要な栄養素を捨てることなく、腹水を減らせるため緩和措置としては非常に有効です。

 

カート療法は保険適用でがん患者の希望もありましたが、癌細胞まで濾過することができず、問題点も多かったのが事実です。

 

KM−CART療法(腹水濾過濃縮再静注法)の登場

 

東京要町病院腹水治療センター長の松崎圭祐氏がCARTを改良したがん患者に使える方法を新たに考案したのがKM-CART療法です。

 

これにより腹水の溜まった末期がん患者にも希望が出てきました。

 

■現在km-cartが施術可能な病院

 

札幌厚生病院
群馬博仁会第一病院
とちぎメディカルセンターとちの木病院
聖路加国際病院
要町病院
京都千春会病院
兵庫中谷病院
三菱神戸病院
防府胃腸病院
高知医療センター
福岡小西第一病院
まだまだ病院が少ないのが現状です。

 

■km-cartの価格
費用は病院によって異なります。
・治療費 29,000円 ・材料費 63,000円
が目安ですが、病院によっては保険適用となるケースもあります。

 

腹水がたまると余命短いといわれてきましたが、km-cartのように腹水を抜いても、大きな問題にはならない治療法も出てきました。

 

ただし、根本を治す療法ではないため、余命に変化がみられるものではなく、緩和的な措置ととらえたほうがいいでしょう。

スポンサード リンク

腹水がたまるとどうなる?関連エントリー

身近な免疫力を上げる方法
身近な免疫力を上げる方法について
免疫を上げる具体例
免疫を上げる具体例
コーヒーと癌
コーヒーと癌について
二次発癌と抗癌剤
二次発癌と抗癌剤との関係性について
豊胸手術で乳がん診断が遅れる?
豊胸手術をすることにより、乳がん診断が遅れる可能性があります
アミノインデックス検査の費用・料金
アミノインデックス検査の費用・料金について
乳房がん予防切除の費用
今後の乳房がん予防切除の展望、費用について
すい臓がんの余命
すい臓がんの余命について
終末期医療の問題点
後期高齢者における終末期医療の問題点と現状のガイドライン
ソアラ療法の費用と口コミ
ソアラ療法の費用と口コミについて
堀田式野菜スープの効果
堀田式毒だし野菜スープのレシピと効果
IPT/強化インスリン療法の効果
IPT(強化インスリン)療法の効果、価格、副作用について
アミグダリンの癌への効果
アミグダリンの癌への効果と副作用について
PDT治療は肺・子宮頸癌に効果
癌の中でも肺がん・子宮頸癌に効果が発揮されるPDT治療について
フコキサンチンの効果
フコキサンチンの癌への効果・効能について
癌予防に効く青汁
癌予防に効く青汁について
cdc6遺伝子治療
cdc6遺伝子治療(細胞蘇生特攻タンパク療法)の効果について
腫瘍マーカ―総合健診(TMCA)法
腫瘍マーカ―総合健診(TMCA)法について
爪もみ療法の効果
爪もみ療法・健康法の癌への効果
瀉血療法の効果
瀉血療法の癌への効果について
釈迦の霊泉・御神水の効果
奇跡の水といわれる釈迦の霊泉・御神水は癌に効果があるのか?
メディカルイーティングの効果
癌の食事療法のひとつ、メディカルイーティングの効果について
カプセル内視鏡
カプセル内視鏡は、患者の負担が少なく、注目をあべています。
ラジオ波焼灼術の適応
ラジオ波焼灼術の適応と副作用について
口腔ケアの癌患者への効果
口腔ケアを行うことによる癌患者への効果について