アミグダリンの癌への効果

スポンサード リンク

アミグダリンの癌への効果

アミグダリン(ビタミンB17)は癌細胞に対しての効果、効能はすばらしいものがあります。

 

ただ、アミダグリンは薬効がある反面、癌に対しては経口はあまり意味がないということもいわれています。

 

たとえば、「梅」。

 

梅の実(仁)には青酸配糖体であるアミグダリンが含まれています。

 

食べることで胃腸の酵素で加水分解されてシアン化水素(青酸)を生成されます。

 

これは知っての通り、猛毒です。青酸中毒になる可能性もあるのです。

 

ただし、梅は漬ける事でアミグダリンはほぼなくなるので、食べても人体への影響はなくなります。

 

漬けずに梅を数百個食べると致死量に近づくことになりますが、普通の場合は意識する必要もないです。

 

梅干しに解毒作用があるというのも、アミグダリン効果もあるのです。

 

 

アミグダリンに関しては、批判的な見解もけっこうあるようですね。

 

 

「アミグダリンは癌治療、がんの改善、QOL向上に対して期待したほどの効果がなく、
逆に続けることにより青酸中毒の可能性も考えられる」
(アメリカ国立癌研究所)

 

これは、日本の一般的な癌治療関連機関も同じ見解をとっています。

 

「アミグダリンはビタミンの一種ではない。
身体の代謝においての必須栄養素ではなく、また欠乏症も報告されていない。
つまりビタミンンの定義には当たらない」
(国立健康・栄養研究所)

 

昔はアミグダリン=ビタミンB17だといわれていましたが、それも否定されているわけです。

 

ただ、現在の自由診療の癌クリニックでは、IPT治療をおこない、実績をあげているのもまた事実です。

 

また、効果は癌だけにはとどまりません。

 

去痰・鎮咳やアトピー性皮膚炎、尋常性乾癬といった皮膚疾患に対して効果があるということもいわれています。
これは、ビタミンと同類であることを否定した先ほどの国立健康・栄養研究所においても効果を認めています。

 

また経口と点滴での吸収率の違いもあります。

 

点滴では95%の吸収率といわれているのに対し、経口だと10%程度にしかならないともいわれています。

 

また副作用なしに癌細胞のほとんどを減少させたり、増殖を防ぐ効果はありますが、根本の癌細胞を全滅させることはできません。

スポンサード リンク

アミグダリンの癌への効果関連エントリー

身近な免疫力を上げる方法
身近な免疫力を上げる方法について
免疫を上げる具体例
免疫を上げる具体例
コーヒーと癌
コーヒーと癌について
二次発癌と抗癌剤
二次発癌と抗癌剤との関係性について
豊胸手術で乳がん診断が遅れる?
豊胸手術をすることにより、乳がん診断が遅れる可能性があります
アミノインデックス検査の費用・料金
アミノインデックス検査の費用・料金について
乳房がん予防切除の費用
今後の乳房がん予防切除の展望、費用について
すい臓がんの余命
すい臓がんの余命について
終末期医療の問題点
後期高齢者における終末期医療の問題点と現状のガイドライン
ソアラ療法の費用と口コミ
ソアラ療法の費用と口コミについて
堀田式野菜スープの効果
堀田式毒だし野菜スープのレシピと効果
IPT/強化インスリン療法の効果
IPT(強化インスリン)療法の効果、価格、副作用について
PDT治療は肺・子宮頸癌に効果
癌の中でも肺がん・子宮頸癌に効果が発揮されるPDT治療について
フコキサンチンの効果
フコキサンチンの癌への効果・効能について
癌予防に効く青汁
癌予防に効く青汁について
cdc6遺伝子治療
cdc6遺伝子治療(細胞蘇生特攻タンパク療法)の効果について
腫瘍マーカ―総合健診(TMCA)法
腫瘍マーカ―総合健診(TMCA)法について
爪もみ療法の効果
爪もみ療法・健康法の癌への効果
瀉血療法の効果
瀉血療法の癌への効果について
釈迦の霊泉・御神水の効果
奇跡の水といわれる釈迦の霊泉・御神水は癌に効果があるのか?
メディカルイーティングの効果
癌の食事療法のひとつ、メディカルイーティングの効果について
カプセル内視鏡
カプセル内視鏡は、患者の負担が少なく、注目をあべています。
ラジオ波焼灼術の適応
ラジオ波焼灼術の適応と副作用について
口腔ケアの癌患者への効果
口腔ケアを行うことによる癌患者への効果について
腹水がたまるとどうなる?
腹水がたまるとどうなる?原因や治療法について