すい臓がんの余命

スポンサード リンク

すい臓がんの余命について

すい臓がんの末期のステージの余命宣告はすい臓がんの治療が難しいこともあり、半ばあきらめ感というものが身内に対して蔓延するようです。

 

余命はステージ4の段階で、3ヶ月〜半年と伝えられるケースが多いです。

 

しかし、中には末期と告知されても、代表的な症状である、
黄疸、食欲不振、下痢、体重減少、糖尿病
といった例があらわれず、家族が戸惑う場合もあります。

 

◆すい臓がんの現状

 

わが国では、毎年18,000人以上の方が膵がんで亡くなっています。

 

しかし、その診断と治療はいまだに難しいことが知られています。

 

膵臓は身体のまん中にあり、胃・十二指腸・小腸・大腸・肝臓・胆嚢・脾臓などに囲まれているため、がんが発生しても見つけるのが難しいのです。

 

その上、どんな人が膵がんになりやすいのかもあまりわかっていません。

 

また、早い段階では特徴的な症状もありません。このような理由で、胃がんや大腸がんのように早期のうちに見つかるということはほとんどありません。

 

膵がんとわかった時にはすでに手遅れということが多いのです。

 

早期発見はどのような治療よりも治癒率の向上に貢献しますので、どうしたら早く発見できるかという研究が意欲的に続けられています。

 

いずれにしても間違いなく言えることは「早期発見がいちじるしい治癒率のアップにつながる」ということ。手遅れにならないように、はやめはやめの準備が求められます。
◆治療の難しいすい臓がん

 

がんの中でも発見が難しいといわれているすい臓がん。 すい臓がんは早期発見、早期治療が大きな分かれ目になるといわれています。

 

発見が難しく、発見されたときには転移が広がっていて、既に手遅れになってしまう場合も多いのです。

 

しかし、病院での抗がん剤、放射線といった治療法に頼り切ることなく、自分達でできることを行なっていく事によって、実際に改善を行なっていくことも可能なのです。

 

すい臓がんの治療方法には実にたくさんのものがあります。その中でも、抗がん剤、放射線治療の継続使用は、逆に免疫力を弱めてしまい、プラス面よりもマイナス面の方が大きいのです。

 

特にすい臓がんは発見されづらく、発見されたときには既に手遅れだったということにもなりかねません。

 

ですから、良い療法の選択が重要になってくるのです。

 

そういった点を踏まえて、現在では病院の療法に頼りきることなく、自分たちでより良いものを選択していこうといった考える方が増えてきました。

 

そこで脚光を浴びているのが、代替療法です。

 

代替療法とは、、「現代の西洋医学では、まだ認められていない療法の総称」のことをいいます。 最近では、一部の病院でも代替療法、統合医療の考え方も浸透し、積極的に取り入れるところも増えてきました。

 

すい臓がんのQOLを高める代替療法の効果はたくさんあるのですが、病院の療法と併用しながら出来ることは大きいですよね。

 

代表的なものとして、

 

●「がん細胞だけの選択性攻撃作用」

 

●「自己免疫力アップ」

 

●「副作用の軽減」 ●「がん細胞が自ら破壊する、増殖抑制作用」

 

●「がんの栄養素となる血管増殖を抑制する」

 

などがあげられます。 上記の効果をみてもお分かりのように、今行っているすい臓がんの治療にプラスして、実際に代替療法を取り入れることによる、マイナスになる面は全くないといっても良いでしょう。

 

出来る限りのことを行って治療の効果を高めるのがは大切なことはもちろんですが、代替療法も数多くて迷ってしまうかもしれませんね。

 

時間は無限ではありません。すい臓がんの患者本人にとっても、最良の物を摂り入れることが、何よりも大切になってきます。

スポンサード リンク

すい臓がんの余命関連エントリー

身近な免疫力を上げる方法
身近な免疫力を上げる方法について
免疫を上げる具体例
免疫を上げる具体例
コーヒーと癌
コーヒーと癌について
二次発癌と抗癌剤
二次発癌と抗癌剤との関係性について
豊胸手術で乳がん診断が遅れる?
豊胸手術をすることにより、乳がん診断が遅れる可能性があります
アミノインデックス検査の費用・料金
アミノインデックス検査の費用・料金について
乳房がん予防切除の費用
今後の乳房がん予防切除の展望、費用について
終末期医療の問題点
後期高齢者における終末期医療の問題点と現状のガイドライン
ソアラ療法の費用と口コミ
ソアラ療法の費用と口コミについて
堀田式野菜スープの効果
堀田式毒だし野菜スープのレシピと効果
IPT/強化インスリン療法の効果
IPT(強化インスリン)療法の効果、価格、副作用について
アミグダリンの癌への効果
アミグダリンの癌への効果と副作用について
PDT治療は肺・子宮頸癌に効果
癌の中でも肺がん・子宮頸癌に効果が発揮されるPDT治療について
フコキサンチンの効果
フコキサンチンの癌への効果・効能について
癌予防に効く青汁
癌予防に効く青汁について
cdc6遺伝子治療
cdc6遺伝子治療(細胞蘇生特攻タンパク療法)の効果について
腫瘍マーカ―総合健診(TMCA)法
腫瘍マーカ―総合健診(TMCA)法について
爪もみ療法の効果
爪もみ療法・健康法の癌への効果
瀉血療法の効果
瀉血療法の癌への効果について
釈迦の霊泉・御神水の効果
奇跡の水といわれる釈迦の霊泉・御神水は癌に効果があるのか?
メディカルイーティングの効果
癌の食事療法のひとつ、メディカルイーティングの効果について
カプセル内視鏡
カプセル内視鏡は、患者の負担が少なく、注目をあべています。
ラジオ波焼灼術の適応
ラジオ波焼灼術の適応と副作用について
口腔ケアの癌患者への効果
口腔ケアを行うことによる癌患者への効果について
腹水がたまるとどうなる?
腹水がたまるとどうなる?原因や治療法について