二次発癌と抗癌剤

スポンサード リンク

二次発癌と抗癌剤について

抗がん剤や放射線治療というがん治療を受けて、腫瘍がなくなってきた・・。

 

それで安心、というわけではなく、患者は今度は
「二次発癌」
について恐れを抱き続けることになります。

 

癌になった経験のない人、周りに癌患者がいない方にとってみれば、2次癌、2次発がんという言葉は聞きなれないでしょう。

 

2次癌とは、抗がん剤や放射線治療の副作用として、別の部位に新たに発生する癌のことです。

 

 

「抗がん剤は増がん剤である」

 

などと悪い冗談かと思うような言葉がありましたが、実際には抗がん剤でがんが治るということはなく、その腫瘍の一時期抑え込むだけにすぎません。

 

仮に腫瘍が小さくなったとしても、身体全体の免疫を落とされた分、転移が発生したり、新たな癌細胞が活動を始めるのは当然です。

 

 

二次発癌の可能性のある抗がん剤など

 

メルファラン(アルケラン錠)
メトトレキサート
ホリナート(ロイコボリン)
シクロホスファミド(エンドキサン)
チオテバ(テスパミン注射液)
ブスルフェクス(マブリン散)
アザチオプリン(イムラン、アザニン)
クロラムブシル
ロムスチン

 

ざっとあげてみましたが、これらは、ごくごく一部にしかすぎません。

 

 

現在の2次発がんの可能性のある抗がん剤を厳密にあげると、ほぼ全てのものが該当してしまいます。

 

こんなに怖いことはありません。

 

私たちは、まず抗がん剤についてのうそを知っておく必要があります。

 

・抗がん剤では実際にはほとんどが治らないということ

 

・セカンドオピニオンがしっかりと確立されておらず、患者の選択肢も少ないこと

 

・新薬を認可するにあたっての臨床試験のデータはまったくあてにならないこと

 

・ドクターのいう「生存率」は言葉のトリックであって、実態ではないこと

 

・製薬会社が開発する抗癌剤の背景は巨大な利権が絡んでいてこの流れを断ち切ることが極めて難しいこと

 

 

これらの理由が、日本のがん医療が他の国に比べて、決定的に遅れているといわれている理由なのです。

 

海外では、代替医療が主流になっていますし、日本の癌治療の医師は自分が癌になったとき、自らに抗がん剤治療を行おうとはしません。

 

この事実も知っておく必要があります。

スポンサード リンク

二次発癌と抗癌剤関連エントリー

身近な免疫力を上げる方法
身近な免疫力を上げる方法について
免疫を上げる具体例
免疫を上げる具体例
コーヒーと癌
コーヒーと癌について
豊胸手術で乳がん診断が遅れる?
豊胸手術をすることにより、乳がん診断が遅れる可能性があります
アミノインデックス検査の費用・料金
アミノインデックス検査の費用・料金について
乳房がん予防切除の費用
今後の乳房がん予防切除の展望、費用について
すい臓がんの余命
すい臓がんの余命について
終末期医療の問題点
後期高齢者における終末期医療の問題点と現状のガイドライン
ソアラ療法の費用と口コミ
ソアラ療法の費用と口コミについて
堀田式野菜スープの効果
堀田式毒だし野菜スープのレシピと効果
IPT/強化インスリン療法の効果
IPT(強化インスリン)療法の効果、価格、副作用について
アミグダリンの癌への効果
アミグダリンの癌への効果と副作用について
PDT治療は肺・子宮頸癌に効果
癌の中でも肺がん・子宮頸癌に効果が発揮されるPDT治療について
フコキサンチンの効果
フコキサンチンの癌への効果・効能について
癌予防に効く青汁
癌予防に効く青汁について
cdc6遺伝子治療
cdc6遺伝子治療(細胞蘇生特攻タンパク療法)の効果について
腫瘍マーカ―総合健診(TMCA)法
腫瘍マーカ―総合健診(TMCA)法について
爪もみ療法の効果
爪もみ療法・健康法の癌への効果
瀉血療法の効果
瀉血療法の癌への効果について
釈迦の霊泉・御神水の効果
奇跡の水といわれる釈迦の霊泉・御神水は癌に効果があるのか?
メディカルイーティングの効果
癌の食事療法のひとつ、メディカルイーティングの効果について
カプセル内視鏡
カプセル内視鏡は、患者の負担が少なく、注目をあべています。
ラジオ波焼灼術の適応
ラジオ波焼灼術の適応と副作用について
口腔ケアの癌患者への効果
口腔ケアを行うことによる癌患者への効果について
腹水がたまるとどうなる?
腹水がたまるとどうなる?原因や治療法について