癌治療の決め手

スポンサード リンク

がん治療の決め手

多くの癌患者の資料を調べたり、実際に会ってお話を聞いてみたりしてだんだん分かってきたことがあります。

 

そして、ある著名な方と知り合うきっかけがあったのですが、そこで病院、医療業界の利権構造の内密の話しを聞かされることになったのです。

 

それを聞いて、ようやく私も分かりました。

 

病院の治療というものは、絶対に患者をよくしないということに。
利権というものが、存在する以上、良くなっては困る、という人たち、業界も間違いなく存在するのです。

 

恐ろしい話しですが。

 

病院の

 

抗がん剤では治らない。

 

放射線治療でも治らない。

 

手術でも一時しのぎにしかすぎない。

 

それらは、むしろ、身体の免疫細胞を弱らせていってしまうものなのです。でも、患者には情報がない。結局医師のいいなりになるしかないのです。

 

じゃあ、代替療法がいいのか、といえば、その代替療法の選択肢もたくさんあって、困ってしまいます。

 

ただ、多くの方は気づき始めています。
病院の治療が絶対ではないということに。

 

病院やドクターのいうことに、盲目的にならなかったことは、非常に賢明であったと思います。

 

ただ、その後で、問題点がひとつ。

 

仮に病院に頼らなかったとして、何をおこなっていけばいいのかが、まったく分からない、ということです。

 

「じゃあ、何から始めればいいの?」
「とにかく早くがんを治したい」

 

そういった声をたくさん聞くにつれて、私の中でも、本物の癌治療の情報をお伝えしていかなければいけない、そんな風に思うようになりました。

 

多くの癌で苦しんでいる方々に、少しでも自分の経験が役立てるのであれば、こんなにうれしいことはありません。

スポンサード リンク

癌治療の決め手記事一覧

一般的に免疫を上げる、高めることが癌に打ち勝つには大切なことだといわれます。このあたりは一般の病院で具体的な指導をしてくれているところはほとんどありません。本来であれば、予防の段階できっちりと教えるだと思いますし、術後であればなおさらです。再発を防いだり、転移を防止する意味でも免疫を高めることは何よりも重要な課題であるわけですが、病院でそこまでげんきゅうしてくれているところはほぼないといってもいい...

免疫を上げる具体例について述べます1.質の良い睡眠をとる2.ウォーキング、ジョギング 適度な運動をする3.充分な休養でストレスをためない4.笑うと身体の免疫力がアップします5.体温を下げない

コーヒーと癌についての因果関係はむかしから言われてきました。「コーヒーを飲むことでがん予防になる」「コーヒーの成分自体ががん予防、抗がん剤と同じような枠割を果たすものもある」大腸がんについては、毎日コーヒーを飲む人だと、飲まない人と比べて男性が8割、女性は4割も癌になる率が減るといわれています。癌はもちろんのこと、糖尿病、アトピー性皮膚炎や、膠原病、脳卒中やパーキンソン病といった難病に至るまで、コ...

抗がん剤や放射線治療というがん治療を受けて、腫瘍がなくなってきた・・。それで安心、というわけではなく、患者は今度は「二次発癌」について恐れを抱き続けることになります。癌になった経験のない人、周りに癌患者がいない方にとってみれば、2次癌、2次発がんという言葉は聞きなれないでしょう。2次癌とは、抗がん剤や放射線治療の副作用として、別の部位に新たに発生する癌のことです。「抗がん剤は増がん剤である」などと...

現在盛んにおこなわれている「豊胸手術」。しかし、これは乳がんの発見、診断を誤らせたり、遅らせる可能性があります。見た目にこだわって、豊胸手術をおこなう女性もおりますが、その手術が生涯にわたって、健康にたいしてのリスクを高めてしまうということも意識においておく必要性があるでしょう。海外(ヨーロッパ、イギリス)では以前、豊胸バッグにがんリスクがあることがわかり、手術をうけた女性が集団訴訟を行うケースが...

先日もアミノインデックス検査(AICS)の様子がテレビで取り上げられていました。アミノインデックス検査(AICS)とは、血液検査だけでアミノ酸の濃度を測り、癌の可能性を調べる「味の素」が開発した検査です。採血のみという手軽さで、いくつもの癌を同時に調べられるという便利さから、最近で注目を浴びつつあります。■アミノインデックス(R)の特徴・血液中のアミノ酸濃度測定による従来の方法とは全く異なるタイプ...

女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが、乳がんの予防のために、乳房予防切除をおこないました。この彼女の告白は女性の多くに衝撃を与えました。実際に乳癌になったわけでもなく、ある遺伝子に変異があるということで、乳がんのリスクが高いものを予防するという状況だったわけですが、賛否両論も多いようです。そして、ついに国内でも乳がん予防のための乳房切除手術が実施されようとしています。まずは、がん研有明病院(東京)...

すい臓がんの末期のステージの余命宣告はすい臓がんの治療が難しいこともあり、半ばあきらめ感というものが身内に対して蔓延するようです。余命はステージ4の段階で、3ヶ月〜半年と伝えられるケースが多いです。しかし、中には末期と告知されても、代表的な症状である、黄疸、食欲不振、下痢、体重減少、糖尿病といった例があらわれず、家族が戸惑う場合もあります。◆すい臓がんの現状わが国では、毎年18,000人以上の方が...

後期高齢者における終末期医療の現状の厚生労働省ガイドラインにはさまざまな問題点があります。1、非常に医療費が高額になっている死亡前医療費の平均額は、1人当たり3日間で10万円前後です。これでも高額だと思うのですが、中には1日100万円超え、というケースもあります。さすがにここまでの値段だと、高額所得者でも厳しいでしょう。一般サラリーマンの払える金額ではありません。2、医療行為についての明確な基準が...

ソアラ療とは、温熱療法の一種です。あらゆる癌に対して効果が認められることと、副作用も非常に少ないことから、口コミでの良さが広まっているようです。全身を温水を用いて治療することによって、血流の流れをよくし、抗酸化をおこないます。その結果として身体の酸化還元がおこり、癌細胞に浸食された部位の、免疫系が元通りになり、正常細胞を活性化させるというものです。全身温熱療法  Systemic hyperthe...

堀田式毒だし野菜スープの効果についてです。デトックススープはよくいわれますが、がんに効果があるのでしょうか??(ここから引用)(質問)堀田式解毒スープを作って飲んでいます。お通じがとても良くなるとのこと。しかし私には効果が無いような…。私のような方いらっしゃいませんか?また何故効果が表れないかご存じの方いらっしゃいましたら教えてください。(答え)世の中にはせっかく難関国家資格をしても、あらぬ方向に...

IPT/インスリン強化療法の効果についてです。IPT療法(強化インシュリン療法)抗ガン剤「アミグダリン(ビタミン17)」を用いた治療のことです。インスリンといえば、糖尿病を連想させますが、癌治療にも活用されています。インシュリン自体はは膵臓で作られます。そのため、疲労したすい臓を休め、回復させるためにも有効です。抗がん剤とはいっても、アミグダリンについては副作用がみられないため、抗がん剤治療ではな...

アミグダリン(ビタミンB17)は癌細胞に対しての効果、効能はすばらしいものがあります。ただ、アミダグリンは薬効がある反面、癌に対しては経口はあまり意味がないということもいわれています。たとえば、「梅」。梅の実(仁)には青酸配糖体であるアミグダリンが含まれています。食べることで胃腸の酵素で加水分解されてシアン化水素(青酸)を生成されます。これは知っての通り、猛毒です。青酸中毒になる可能性もあるのです...

PDT治療とは、Photodynamic Therapy(フォトダイナミックセラピー)の頭文字をとってPDTといわれています。日本語では「光線力学的療法」という、効果の高いレーザー治療の一種です。癌においてのレーザー治療だと電気メスのようなレーザーを使って病巣を切り取る感じを想像されるかもしれませんが、PDT治療でのレーザーは、非常に出力の弱いレーザーで、病巣を焼くようなレーザーではありません。P...

フコキサンチンの癌への効果・効能についてフコキサンチンとは、自然界に500種類以上もあるといわれるカロチンのうちのひとつです。カロテノイドは大きく分けると、「アルコールに溶けるカロテン類」そして「アルコールに溶けにくいキサントフィル類」の2種類に分けられます。フコキサンチンは、アルコールに溶けないキサントフィル類に分類されます。これはルテインなどと同様です。フコキサンチンは他の成分に比べると、あま...

青汁ですが、健康増進,,がん予防の方はもちろん、がんの闘病中の方でも、飲まれる分には工夫をしてみましょう。短期的に見た場合だと、癌に対する直接的な作用は低いといえます。ただ、長期的な免疫力アップ、身体昨日の正常化を考えると、大いに体のプラスにはなりますので、積極的に摂ることをお勧めします。済陽高穂医師の食事療法であったり、メディカルイーティング、西式甲田療法、甲田式食事療法でも青汁はおすすめされて...

cdc6遺伝子治療(shrna治療・細胞蘇生特攻タンパク療法)は、細胞分裂が活発なガン細胞に特異的に大量に発生しているCDC6というタンパクを特殊な技術で除去する治療法です。癌細胞は一度増殖をはじめると、そのまま増殖を続けていき、身体のあらゆる部位への転移がはじまってしまいますが、cdc6遺伝子治療をおこなうことにより、それらの増殖機能を制限し、癌細胞を正常細胞に戻すことが可能になります。まだ現状...

がん検診は多くのクリニックでおこなわれていますが、腫瘍マーカ―総合健診法(TMCA法・癌超早期診断法)については、従来の検診とは違う検診といえます。TMCA検診法は現在の癌の状況ではなく、今後のリスクにおいてもある程度の状況がわかるといいます。それも今まであったがん検診の数十倍もの正確さになります。これは、癌を複数の角度から多面的に捉えているので、腫瘍マーカーも単体ではなく、増殖用マーカー、特異癌...

つめをもむことで、自律神経の働きを調整できます。爪もみはお金も時間もかからないで、どんな方でも簡単に出来る健康法というのが大きな特徴です。免疫力を高めることが、癌の治癒力につながります。他にも血行がよくなるので、冷え性の解消とか、アトピーの改善というところも効果がみられるようです。・爪もみ療法が効く理由爪の生え際ですが、ここには、人間の身体の末梢神経が集中しています。この末梢県警部を刺激することで...

瀉血(しゃけつ)とよみます。体の小さな針を刺し、カッピングで真空状態にして、血液を外に排出させることで、がんの症状の緩和をおこなう治療法です。昔は、中国や韓国をはじめ、ヨーロッパでも広く行われていました。さらに昔は「ヒル」に患部を吸わせていたこともあったのだとか。伝統中医学、鍼灸治療では「刺血」「刺絡」といわれます。日本国内でも瀉血治療をおこなっているところは主にC型肝炎、多血症といった症状に対し...

釈迦の霊泉、と聞くと、いかにも霊験があって、効果も期待できそうな、という感じを受けてしまいます。日本では、秋田の玉川温泉が有名ですが、群馬県にある釈迦の霊泉も難病が治った、という話しがちらほらあり、末期がんの患者の方、余命が告げられていろんな手を尽くしたが、もうどうしようもない、でもなんとかしたい・・、という方々が訪れているようです。群馬県のみなかみ町にある、奈女沢温泉。住所もみなかみ町ですし、み...

メディカルイーティングは癌に対する食事療法のひとつです。名前の示す通り、「食が医薬なり」を実践することにより、癌などの難病を改善するというものです。食べ物で病気を治していくというのは、食育をはじめ、薬膳にも通じるものがあります。西洋医学の普及により、東洋医学や漢方、食事療法といった本来の治療が軽視されてしまっていましたが、それが今の日本の癌治療が遅れているといわれている現状でもあるわけです。私たち...

最近の胃がん検診では、胃カメラ(内視鏡)を使う方法が増加してきましたが、「カプセル内視鏡」という負担のかからない方法もあります。昔は、なんともいえない味のバリウムをがまんして飲んでX線検査・・、というパターンがほとんどでした。ところが、2013年に改訂された厚生労働省のがん治療、検診指針では、昔からの主流であったエックス線検査が推奨されています。こちらは公費での検診が可能ですが、内視鏡に関しては、...

ラジオ波焼灼術とは、読み方は「」です。経皮的ラジオ波焼灼療法(radiofrequency ablation:RFA)肝臓にできた悪性腫瘍の治療法のひとつで、超音波で観察しながら、皮膚を通して電極針を腫瘍の中心に挿入し、ラジオ波という電流を通電させ、針の周囲に熱を発生させ、腫瘍を壊死させる方法です。ラジオ波は、450キロヘルツの高周波のことで、他の医療機器(電気メスなど)に使用される高周波と同じも...

口腔ケアの大切さというものもだんだんと理解されつつあるようです。実際に、抗がん剤を使った際の副作用というもののひとつに、口内炎に悩まされる、というものがあります。口の中のケアは、怠ると患者さんの精神的な負担につながるので、一刻もはやい改善が望まれるところでしたが、「口の中を常に清潔に保つことを目的とする口腔(こうくう)ケアをがん患者らに実施することで、あらたな合併症を防いだり、ストレスを緩和させた...

末期がんの症状としてお腹に腹水が溜まるケースがあります。■腹水とは腹部には、「腹腔」といわれるすきまがあります。腹腔には、臓器と臓器の摩擦を減らし、動きをスムーズにするために、20〜40ml程度の水がはいっています。この水がたくさん溜まった状態を腹水といいます。末期がんの症状のひとつでもありますが、それ以外でも肝硬変、肝疾患という病気でもみられます。だんだん水がたまってくるので、おなかが膨らみ、そ...