がんと代替療法

スポンサード リンク

がんの治療と代替療法

がんの治療において抗がん剤、放射線治療など西洋医学のみに頼ろうとすることは本末転倒です。それは自分の免疫を下げることと同義だからです。

 

「代替療法は良いものであるのは、分かっている。
その力を後押ししてくれる方法があったら・・・」

 

そんなことを考えられている方、自己免疫力を最大限に高め、がんに打ち克つ方法があります。

 

 

癌患者を完治させてきた究極の食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング

 

 

 

毎年、がんで命を落とされる方は後を絶ちません。

 

 

現代医学は確かに発展しましたが、癌に対する医療はどうでしょうか?

 

 

これだけの研究がされながら、
副作用のない抗がん剤というものは残念ながらまだ存在していません。

 

 

抗がん剤を使う以上、
強烈な副作用と闘わなければならないのです。
その辛さは想像を超えるものです。

 

 

2008年にニュースキャスターの筑紫哲也さんが癌で他界されました。

 

 

「毎日JP」のインタビューで、筑紫哲也さんはこう述べられていました。

 

 

 

「僕の体は空爆されたイラクみたいなもの。
放射線でがんはほぼ撃退したけど、体中が被爆している。
西洋医学は敵を攻めるばかりだが、
東洋医学は、がんを生む体にならないようにすることを心がける。
それが自分には合っている」

 

 

この言葉こそが西洋医学の現状と限界を示しているのかもしれません。

 

 

 

一方で代替療法の効果を最大限に高める方法もあります。

 

癌患者を完治させてきた究極の食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング

 

 

 

たかが食事・・・、と考えられている方、認識を改めてください。

 

これは”食事”ではなく”メディカル・イーティング”です。

 

食こそが自己免疫力を高める最高の治療です。

 

 

代替療法とこのメディカルイーティングを組み合わせることで、驚くほどの報告が寄せられています。
それは本人の持っている病気と闘う「免疫力」を最大限に発揮する方法だからなのです。

 

 

実践された方、その威力に驚いて下さい。でも、それこそが本人の本当の力です。

スポンサード リンク
更新履歴